FT比と前立腺癌の可能性と欧米の包茎事情

F/T比は低下すると癌の可能性が高いとされていて、前立腺癌などの検査でF/T比を調べることで検査の精度を上げることができるので、より正確に前立腺癌の診断をすることができます。これに加えて超音波検査や直腸検査などを行うと前立腺の状態が把握できるのですが、それでも判断がつかない場合には実際に前立腺の細胞を採取してがん細胞の有無を検査します。F/T比はガン細胞の有無を正確に検査することができるので、無駄な検査を受けなくても正しい診断ができるようになります。欧米では日本ほど包茎の男性が多くないとされていて、とくにユダヤ教の人たちは生まれたときに包茎手術を行うので、ペニスに余分な皮がありません。欧米以外でも包茎手術が宗教儀式として行われている事例が多くあるとされていて、イスラム教では割礼をするのが望ましいとしています。欧米のキリスト教の場合には無理やり割礼を行うのは良くないとして、早い段階で割礼を行う習慣がなくなっているので、日本と同じように包茎の男性が存在しています。包茎手術を宗教の儀式として行うのは熱帯や乾燥帯に住んでいる民族に多いとされていて、衛生環境が悪化しやすい環境の中で暮らしていきための経験に基づく知恵である可能性が高いとされています。欧米では第二次世界大戦後に性病や陰茎がんなどの予防のためとして普及していて、現在では多くの男性が出生直後に包茎手術を受けているとされています。しかしこの手術は新生児にとってはリスクが高いので、欧米では現在6割程度しか包茎手術を行っていません。包皮の切除は性感染症にかかりにくくなるとされていて、亀頭の粘膜を強くすることができるので、性病感染予防の観点からはメリットが大きいとされています。