包茎は男の劣等感、性欲減退にアジア圏の食材が効果的

包茎とは要するにペニスの亀頭が完全に露出出来ない様子を指します。
子どもの頃であれば当然、その状態です。
しかし、思春期の頃を過ぎても包茎状態が続くのは少しピンチです。
性的な部分が発達するにつれて、包皮は自然と剥けていくのが自然ですが、日本の男児は無駄な皮を自力で剥かないと、成人後も包茎が続いてしまいます。

もちろん個人差が大きい部分であり、仮に包茎になってしまったとしても、真性包茎などの重たい状態でなければ、お風呂や排尿、性交の際に自力で亀頭が露出出来ますので、実質的なライフスタイルへの悪影響はありません。
ただ包茎は男性的なコンプレックスになりやすく、一種の身体的な劣等感だと世間的に考えられています。

また包茎に次いで男性的なコンプレックスに加わりやすいのが性欲の減退です。
性欲の減退は一般的にED発症後、起きると考えられています。
しかし、EDを抱えやすい高齢者以外も、性欲の減退を自覚するケースが多々あります。
特に最近の日本の若者は、性欲減退による草食化が顕著です。

性欲の著しい減退を改善したいなら、アジア伝統の精力系食材を摂取しましょう。
アジア圏ではニンニク、黒ニンニク、玉ねぎ、ゴーヤ、オクラ、バナナ、納豆等が精の付く食材として有名です。
特に最初の3つの根菜はアジア圏において、食べる精力剤として重宝されています。

玉ねぎには男性ホルモン値の減少を防止するサポート効果があり、心労による悪影響を軽減出来ます。
またニンニクと黒ニンニクには体力回復と精力アップ効果が含有されており、
アルギニンサプリメント以上のアルギニンが入っているため、効率よく性欲減退の対策が打てるのです。
アルギニンを含む食材として、最も合理的なのがニンニクであり、下半身対策以外にも、成長ホルモンの分泌補助、アンチエイジング効果などが期待出来ます。