包茎手術の種類

男性の中には包茎に悩まされているという人がたくさんいます。
しかし改善方法が全くないと言うことではありません。
医学の発達によって現在では手術によって改善をすることもできるようになっています。
包茎手術の種類に関しては、最近ではとても多様化しています。
特定の病院だけで実施されているというような方法もあります。
そのなかでEST式複合法包茎手術はその中の一つとなっています。
これは今まで行われていた手術の方法をいくつか組み合わせた方法となっています。
この手術はエスとクリニック独自の方法となっています。
亀頭直下埋没法を基本としながらVカット小帯保存法やコーレス筋膜皮下形成温存法を組み合わせたものとなっています。
これらの方法を組み合わせることで美しい仕上がりにすることができ、同時に性感を保つと言うことができます。
この他の方法として、Vカット小帯温存法があります。
これはVにカットをすることで性感帯を温存することができる手術方法となっています。
現在では一般的に行われている亀頭直下埋没法や亀頭下環状切開術と組み合わせて行われることが多くなっています。
性感が落ちないと言うことで安心して包茎の治療ができるようになっています。
またクランプ法という手術もあります。
これはクランプという器具を使って余った包皮を切断するという方法となっています。
数十年前までは主流となっていました。
またネオコスメティックサージェリー法というものもあります。
これは一人一人の包茎の状態を確認して、細かい仕上がりまで注文をすることができる完全オーダーメイドの包茎手術となっています。
美容整形で培ったテクニックと顕微鏡を使って精密な手術を行うという独特の方法となっています。